できるまでいっぱいしよを読んでみた


親父に捕まり涙の初●●
できるまでいっぱいしよ

▼歯止めが効かず何度も…▼
できるまでいっぱいしよ

できるまでいっぱいしよはスマホ向けに配信されているらするの同人誌『LITTLE GIRL』が原作のエロコミックです。

できるまでいっぱいしよというタイトル通りとってもエッチな内容で期待以上のクオリティーでした。

同人誌同様フルカラーになっているのでらする作品の世界観を存分に味わえます。

あの年頃の女の子が好きな御仁にとっては堪らない内容になっていると思います。

やっぱりらする漫画にハズレ無しといったところでしょうかw

できるまでいっぱいしよのほかにも紹介中の電子コミックサイトではらする漫画が充実しているので一度覗いてみて下さいね♪

無料で試し読みもできるので気になったら会員登録すれば1話60円でできるまでいっぱいしよをすぐに購入して楽しめます。

専用のビューアなどをダウンロードする必要がないのでスマホに元々入っているブラウザで簡単に閲覧できます。

清楚系美少女の口からまさか“できるまでいっぱいしよ”というセリフが出てくるなんて意外でしたw

もっとギャル風の不良っぽい感じの女の子なら分かるのですが。

主人公のまりなはどちらかというと育ちのよいお嬢様タイプです。

でもあんな体験をしてしまったらそういうビッチなセリフが言えてしまうのも納得です。

できるまでいっぱいしよネタバレ

できるまでいっぱいしよ

久々に母親と田舎の島に里帰りに来ていたまりな

島に到着するなりさっそく探険に出かけます。

そこで仲良くなった島の少年のけーじ君

色々と島の中を案内してもらいます。

この時はまさかあんな悲劇が自分の身にふりかかろうとは想像すらしていなかったまりな

翌日、少年にあの桟橋のかかった小屋には近づくなと注意されていたにも関わらず好奇心が抑えきれず一人で小屋を覗きに行ってしまう

そこには東京から逃げ帰ってきた無職の男が潜んでおり、まりなはその粘着質な雲の巣に捕えられてしまう

女とはここ何年もずっとご無沙汰だった男は女だったら見境がなくまりなのような可愛い子はまさにその男の欲望を満たすに相応しい相手だったのだ。

そのまま後ろから口を抑えつけられたまま羽交い締めにされベッドに投げ倒される

恐怖で身動きが出来ず声も出ないまりな

できるまでいっぱいしよの見どころ

そのままベッドに紐で手首を固定され、あとは口に出すのもはばかられるような体験をその身に刻みつけられるまりな

何時間もいつ終わるともしれないその苦行はまりなの精神を徐々に崩壊させていていった。

その時大きな叫び声とともに少年が怒りに顔をひきつらせドアを金属バッドで破壊して殴りこんでくる

少年のあまりの剣幕に男はあっというまに逃げ出してしまう。

残ったのは穢されて涙が止まらないまりなの悲惨な姿

シャワーを浴びて水と涙に頬を濡らしながら忘れられるくらいシてよ!と叫ぶまりなに対して優しく慰めの言葉をかける少年

しかし今のまりなにはその言葉は届かない…

“わたしと今すぐエッチしてよ”

その言葉を聞いた瞬間少年の表情がみるみるこわばっていく。

二度と自分の事をそんな軽く扱うなと真剣に起こっている男の子がカッコ良くて思わずジーンときちゃいました。

そして傷ついたまりな慰めるために一生懸命な少年

その男前な姿にまりなはどうしようもなく彼の事が好きになってしまい汚された記憶を消しさる為に激しく少年のカラダを求めます。

その求めに逆らえず、けーじも本気になってしまいシャワー室の中で本気エッチ

まりなはずぶずぶと奥深くに入ってくる少年の名前をなんども呼びながらおぞましい記憶を幸せなこの瞬間に塗り替えていきます。

まりなのイキ顔ともっとけーじ君のでイッパイにしてという言葉に何かが少年の頭の中で弾ける

次の瞬間、まるで盛りのついた動物のように少年は本能のままに一心不乱にまりなを羽交い締めにして激しく突き倒す!

できるまでいっぱいしよの続きはコミックサイトで本編を購入してたっぷりと堪能してみてください。